日本とスペインの経済的架け橋
日西経済友好会
日西経済友好会トップ 日西経済友好会とは 役員・会則 日西経済友好会入会案内 写真集 日西経済友好会活動記録 定例会活動報告 お問い合わせ



日西経済友好会 第51回定例会(コンサート)兼2010年忘年会 活動報告


日時:2010年12月7日(火)18:45〜21:30
場所:セルバンテス文化センター
参加者:87名(演奏者、御家族9名を含む)
演奏者:伊藤誠(当会会員)
   
  日西経済友好会の新しい区切りのスタートとなる第51回定例会は、開催時期を年末の12月としたため「日西経済友好会第51回定例会兼2010年忘年コンサート」と称し、会場は最終的にセルバンテス文化センターで開催することとしました。
   
  歌と演奏は、当会会員である伊藤誠氏にお願いをしましたが、これは、2001年の忘年会を兼ねた第13回定例会で「今、世界に話題の新スペイン料理」と題し、当会会員の渡辺万里氏が講演をされた際「伊藤誠とDKBハーディ・ハート」としてゲスト出演された同氏の、「再演」を希望する声があったためです。
   
  同氏は、ワーナーパイオニア主催京都音楽祭にてグランプリを受賞、また2004年には「文の京(ふみのみやこ)作詞作曲コンクール」にてグランプリを受賞され、現在、忙しい銀行マンとしての仕事をこなしながら、日本作曲家協会会員としても活躍をされています。今年もCD最新版「このかけがえのないひと時を」を出されました。御存じの方も多いと思いますが「マドリード音頭」は同氏の作詞・作曲によるものです。
   
  ピアノ&バイオリンを伴奏に、約1時間の歌と演奏に酔った参加者はコンサートの後、7階の「メソン・セルバンテス」に移動、清水副会長の乾杯の音頭を皮切りに、賑やかに懇談の場は盛り上がりました。途中、セルバンテス文化センター館長のビクトル・ウガルテ氏の挨拶や国際陸連の会合の合間に駆けつけた、田中会長の挨拶が場をさらに華やかなものとしました。
   
  参加人数は87名と当初の予測をはるかに超えるものとなりました。
    以上   
(文責 田林)




Copyright© nippon keizai yukou club All right reserved.